archive: 2018年07月  1/1

【ツエーゲン金沢】vs 栃木FC【両者にPKも、後半は決定機活かせず】

 互いに堅い守りを持つ者同士の戦いは、予想したとおり序盤からロングボールとセカンドボールのバトルが頻発する展開に。栃木は左サイドで西谷 和希が起点となり単独突破からチャンスをたびたび創出。一方、金沢は前線でマラニョンと垣田 裕暉の2トップにボールが入ると攻撃がスピードアップ。しかしともに決定機を創出するまではいかずに時間だけが過ぎた。 膠着したまま折り返すと思われた展開だったが、思わぬ形から2ゴール...

  •  0
  •  0

【ツエーゲン金沢】vs 横浜FC【平日5000人超えも1点が遠く】

 前節から中3日で迎えた今節。アウェイの横浜FCは大幅に選手の入れ替えを実施。フレッシュな面々がピッチに立った。金沢は出場停止の藤村 慶太に代わり大橋 尚志がボランチに入り、廣井 友信がセンターバックの一角を務める。また、出場停止明けのマラニョンが先発に復帰した。 最初のチャンスは金沢。2分、右からのFKに垣田 裕暉が頭で合わせたものの、クロスバーにはじかれた。横浜FCは7分、高い位置まで進出していたカルフ...

  •  0
  •  0

【ツエーゲン金沢】vs FC町田ゼルビア【天敵は天敵のままに、7試合ぶりの敗戦】

 アウェイの金沢が試合中に見せたスキを、狡猾に突いた町田が、ホームで2連勝を飾った。 戦前、町田の相馬 直樹監督は、酷暑下での試合は集中力が途切れやすいことから、「生まれたスキをどう突くか。それを仕留めるかはすごく大事なこと」と話していた。まさに町田が43分に奪った先制点は、相手に生まれたスキを的確に突いたゴールだった。 中盤でルーズボールを拾った金沢の佐藤 洸一だったが、ボールをうまく処理し切れず、...

  •  0
  •  0

【ツエーゲン金沢】vs ジェフユナイテッド千葉【真夏の大逆転劇】

 ともに天皇杯3回戦から中3日となった勝点28で並ぶチーム同士の一戦。神戸戦から3人を入れ替えて臨んだ千葉は、神戸戦と同じ[3-4-2-1]でスタートし、前からプレッシャーを掛けにいくが、うだるような暑さの影響もあり運動量が上がらず、守備がハマらない。すると13分、金沢は右サイドを攻略し、最後はゴール前に詰めていた宮崎 幾笑が押し込み先制する。なかなかパフォーマンスが上がらない千葉は19分、船山 貴之をト...

  •  0
  •  0

【ツエーゲン金沢】ジェフとの死闘は灼熱の歓喜に包まれて【毎年恒例のフクダ電子アリーナへ!】

暑い中行ってきましたフクアリへ!その暑さを吹き飛ばすような熱い試合にただただ興奮。勝つぞ!ツエーゲン金沢! pic.twitter.com/4BPgzu7uFp— ツエぽち。@ズワイガニ金沢 (@haiqpochi_Milan) 2018年7月15日...

  •  0
  •  0

【ツエーゲン金沢】vs セレッソ大阪【前年王者に屈する、3回戦敗退】

 天皇杯3回戦、金沢はホームにC大阪を迎えた。 タイトな日程で連戦中の金沢は、直近のリーグ戦からメンバーの入れ替えを実施。石田 崚真、廣井 友信、梅鉢 貴秀らが先発出場。C大阪から育成型期限付き移籍中の庄司 朋乃也はCBの一角としてピッチに立ち、2016、17年にC大阪でプレーした清原 翔平もスタメンに名を連ねた。 対するC大阪は、ロシアW杯日本代表の山口 蛍、韓国代表のキム ジンヒョンは帯同しなかったものの、...

  •  0
  •  0

【ツエーゲン金沢】vs レノファ山口【どしゃぶり豪雨、上位相手にも相性は良く】

4日に未消化分の第18節・甲府戦を終えた金沢は、中二日で今節・山口戦を迎える。甲府戦は普段の先発メンバーから多くの選手を入れ替えて臨んだが、山口戦は主力組がピッチに立った。1試合休んだことで疲労はある程度抑えられたのではないか。山口は前節・横浜FC戦からメンバーを二人変更。ジェルソン ビエイラがCBに入り、大崎 淳矢がインサイドハーフを務めた。5分、金沢が中盤でパスミスをし、山口にボールが渡ると、最後はオ...

  •  0
  •  0

【ツエーゲン金沢】vs ヴァンフォーレ甲府【Jリーグ初顔合わせ、アウェイで2か月ぶり勝利!】

 ホームの甲府が8人、アウェイの金沢が7人先発を入れ替えて臨んだ水曜日のナイトゲームは、チームとして戦えた金沢が3-1で勝利した。適材適所という意味では、慣れないポジションでプレーする選手が多かった甲府。6月は一度もホームで勝てなかっただけに、勝ちたい試合だったが自らのミスで先制点を許してしまう。 ペナルティーエリア内ギリギリでボールをつかんだつもりのGK河田 晃兵に対して、判定はペナルティーエリア...

  •  0
  •  0

【ツエーゲン金沢】vs ファジアーノ岡山【打ち合いは痛み分けドローに】

 齊藤 和樹が幅広く動いて金沢の守備をかき回していった岡山が10分に先制点を奪取した。 齊藤とのワンツーで右サイドを切り込んだ椋原 健太が中央にパスを入れると、仲間 隼斗のシュートがブロックに来た作田 裕次に当たってゴールネットに吸い込まれていく。明治安田J2第17節・山形戦以来約1カ月ぶりに得点を奪ってリードした岡山は勢いに乗った。 19分には左サイドから三村 真が上げたクロスに塚川 孝輝が飛び込む。26分に...

  •  0
  •  0