【ツエーゲン金沢】vs 横浜FC【天皇杯、ターンオーバー?なにそれ?】

20170622064919122.jpg

スタジアム西部緑地公園
入場者数1,103 人
天候/気温/湿度



 金沢がホームに横浜FCを迎えた天皇杯2回戦。両者は10日後にリーグ戦で再戦するため、その前哨戦としての意味合いも持つ一戦となった。3連戦というハードな日程の中、それぞれ直近のリーグ戦からメンバーの入れ替えが見られた。金沢は垣田 裕暉が今季初先発し、山﨑 雅人と2トップを組む。ディフェンスラインでは、廣井 友信と野田 紘史がスタメンに入り、明治安田J2第19節・山口戦から計4人のメンバーを変更。対する横浜FCは第19節・山形戦のスタメンから10人を変更。GK北野 貴之が移籍後初先発を果たすなどフレッシュな面々に出場機会が与えられ、キックオフの笛を聞いた。
 本日梅雨入りが発表された北陸地方。日中止んでいた雨は、試合開始前から降り出した。1分、金沢はCKを得たものの、これを生かすことはできない。開始早々、横浜FCの野崎 陽介が負傷し、渡邉 将基と交代した。11分、横浜FCのFKはチャンスにつながらず。その後金沢は杉浦 恭平のパスを受けた石田 崚真がクロスを上げるもDFにクリアされた。13分には垣田がファウルを受けてFKを獲得。杉浦が直接狙ったキックはクロスバー直撃。
 前線の大久保 哲哉を目掛けたロングボールを用いる横浜FCだが、なかなか決定的なチャンスを作り出すには至らない。16分、金沢の大橋 尚志がミドルシュートを放つも枠の外。17分にはセットプレーの流れから杉浦のパスに廣井が飛び込んだが、惜しくも合わなかった。23分、横浜FCが金沢のスキを突く。DFがお見合いしたところでボールをかっさらい、中山 雄希が思い切って狙ったが、DFにブロックされた。さらに、左サイドを突破した前嶋 洋太のクロスに、大久保がヘディングシュート。しかし枠を捉えられない。
 金沢は27分、垣田のボール奪取から大橋につなぎ、最後は石田がミドルシュート。31分には後方からのパスに抜け出した杉浦が、ボックス内にクロスを送ったものの、中で合わせる選手はいなかった。どちらかというと金沢が攻め込んだ前半だったが、両者ともに決め手を欠き、0-0でハーフタイムを迎えた。
 53分、金沢は石田のクロスに対してボックス内に迫力を持たせて進入するも、オフサイド。横浜FCも反撃。57分、中山がドリブルで長い距離を運び、対応に来たDFとも入れ替わり、シュートを打ったがGK白井 裕人がキャッチ。
 試合が動いたのは70分。途中出場の金子 昌広がドリブルで突破し、マイナス方向へパスを送ると、これを大橋が押し込み金沢が先制した。横浜FCは73分、寺田 紳一がミドルシュートを狙うなど、攻撃に転じる場面はたびたびあるものの、いまひとつかみ合わないまま時間が経過していく。
 すると90分、金子のパスを受けた宮崎 幾笑が決めてスコアは2-0。横浜FCはアディショナルタイム、大久保がヘッドを放つがクロスバーに嫌われた。
 ターンオーバーを敷いた横浜FCに対して、ほぼ主力組で臨んだ金沢が3回戦に進出。J1の神戸と対戦する。


関連



関連記事
【ツエーゲン金沢】2017シーズン日程
【ツエーゲン金沢】新体制発表会
☆各ツエーゲン金沢グッズはコチラ(Amazon)☆



【CONTENTS】


1.試合スタッツ 
2.外部メディア
3.次節



☆試合スタッツ☆


ツエーゲン金沢vs横浜FC
2得点0
0前半0
2後半0
70' 大橋
90' 宮崎
得点者
12SH10
FK
CK
1警告0
74' 大橋警告者
0退場0
退場者


20170622080557856.png


minInOUT
63'金子昌広山崎雅人
81'佐藤洸一垣田裕暉
90+2'富田康仁杉浦恭平






☆外部メディア☆


YouTube



プレス
金沢、チャンス逃さずホームでのJ2対決制す/天皇杯





DAZNをテレビで見るなら、 fire TV stick

(商品詳細は画像をクリック)




☆次節☆


20170622080358c1d.jpg






FORZA ZWEIGEN!
ONE ACTION!



スタジアムへの持ち運びに便利なハンディタイプ!



関連記事


0 Comments

Post a comment