【ツエーゲン金沢】vs 京都サンガF.C.【両チーム四苦八苦、雨風ツエーゲン】

順位勝点得失点得点失点
183910919-234164
20171022195957134.jpg
スタジアム西部緑地公園
入場者数2,704 人
天候/気温/湿度雨/20.5℃/60%



 台風21号が接近する中で行われた、18位・ツエーゲン金沢と14位・京都サンガF.C.の一戦は、悪天候で両チームともボールの扱いに苦しみスコアレスドローに終わった。
 残るリーグ戦も5試合となり14位・京都にとっては僅かに残された昇格プレーオフ圏内浮上を、金沢にとっては降格圏からの脱出を目指す戦いとなった。過去対戦では1勝3分1敗で得点失点ともに6点と全くの五分であるものの、前回対戦ではツエーゲン金沢が前半に3得点を挙げる猛攻を見せ、見事に勝利した。前日にレノファ山口が勝利しプレッシャーを掛ける中で、ひとつでも残留マジック『5』を減らしたいところ。
 ツエーゲン金沢は前節から1人が変更、佐藤洸一の相方に杉浦恭平を置く布陣。一方京都は、前節DF登録として初の通算100ゴールを達成した田中マルクス闘莉王はベンチにも入らなかった。
 前半の入りはツエーゲン金沢が優勢。3分、インターセプトから金沢MF・金子がドリブルを魅せ、ゴール前の決定機へ繋げると、16分には中美からの絶好のスルーパスに反応した杉浦がシュートを放つもボールはGK正面。激しいプレスと石田を中心とした右からの攻撃で再三チャンスを創出する金沢に対して、京都は前線のイ・ヨンジェへのロングボールを多用したシンプルな組み立て。18分からは京都の時間が続き、4本連続CKのチャンスを得るも決めきることが出来なかった。28分京都は、金沢・金子のキープミスからチャンスを作るが、金沢のディレイと悪天候の影響で前へボールを運ぶことができず。お互いチャンスは作るものの決定力を欠きスコアレスのまま前半が終了した。
 後半の入りが良かったのは京都サンガF.C.。プラン通りに耐えた前半、シュートの数は0本に終わったものの、後半で一気に攻勢を強める。79分には金沢のFKからロングカウンターで京都・小屋松が金沢GK・白井との1対1を迎えるが、PAギリギリでセーブされてしまった。一方の金沢も86分にCKからの混戦からあとは押し込むだけのチャンスを迎えたが、中美のシュートは枠の上へ。ATに入った91分には京都・田村がゴール左隅へ強烈なシュートを放つが、白井の右手に阻まれ、またしても決定機を活かすことが出来なかった。両チーム悪天候に四苦八苦する中、GKを中心とした守備陣の集中は切れることなく、スコアレスで試合が終了した。
 前半終了後、「準備ができていない選手がいる。」と語った金沢・柳下監督も、終わってみれば「良く戦った。」と選手をたたえるコメントへ。
 次節、残留を懸けたレノファ山口との直接対決を前に貴重な勝点1を積み重ねたとともに、今季6度目の"無失点"という好材料も得ることができた。


関連
⏩(前回対戦)【ツエーゲン金沢】vs 京都サンガFC【会心の前半、3得点で3連勝!】


関連記事
【ツエーゲン金沢】2017シーズン日程
【ツエーゲン金沢】新体制発表会
☆各ツエーゲン金沢グッズはコチラ(Amazon)☆




【CONTENTS】


1.試合スタッツ 
2.外部メディア
3.次節



☆試合スタッツ☆


ツエーゲン金沢vs京都サンガF.C.
0得点0
0前半0
0後半0
得点者
5SH7
17FK20
9CK11
0警告2
警告者38' 染谷
83' 望月
0退場0
退場者

20171022195954464.png

minInOUT
55'山崎雅人金子昌広
86'宮崎幾笑杉浦恭平






☆外部メディア☆


YouTube
⏩【公式】ハイライト:ツエーゲン金沢vs京都サンガF.C. 明治安田生命J2リーグ 第38節 2017/10/22

プレス
【金沢】残留王手!12戦ぶり無失点耐えドロー 守護神・白井「次は大一番」





DAZNをテレビで見るなら、 fire TV stick

(商品詳細は画像をクリック)




☆次節☆


20171022195956f2c.jpg






FORZA ZWEIGEN!
ONE ACTION!



スタジアムへの持ち運びに便利なハンディタイプ!



関連記事


0 Comments

Post a comment