【ツエーゲン金沢】vs ファジアーノ岡山【打ち合いは痛み分けドローに】

20180702081939b6f.jpg


 齊藤 和樹が幅広く動いて金沢の守備をかき回していった岡山が10分に先制点を奪取した。

 齊藤とのワンツーで右サイドを切り込んだ椋原 健太が中央にパスを入れると、仲間 隼斗のシュートがブロックに来た作田 裕次に当たってゴールネットに吸い込まれていく。明治安田J2第17節・山形戦以来約1カ月ぶりに得点を奪ってリードした岡山は勢いに乗った。

 19分には左サイドから三村 真が上げたクロスに塚川 孝輝が飛び込む。26分には上田 康太の蹴ったCKに齊藤が頭で合わせて、ボールはゴールネットに突き刺さった。この得点は主審の判定によってノーゴールとなったが、36分にも岡山は鋭いカウンターを発動。椋原が入れたクロスはシュートにつながらなかったが、ゴールのにおいを濃く漂わせた。

 しかし、追加点は金沢が奪った。43分、藤村 慶太がFKをファーサイドに蹴り込むと、齊藤が作田を倒してPK。これをマラニョンが冷静に決め、前半は1-1で折り返した。

 後半は金沢が先手をとると、両チームが激しく打ち合っていく。

 51分に金沢が岡山のCKをはね返してカウンターを仕掛け、仲間が処理を誤ったところを加藤 大樹が見逃さずGKとの1対1を制すと、59分には塚川が豪快なミドルシュートを決めて岡山が同点に追いつく。岡山は1分後に左サイドの自軍深い位置でボールを奪われて金沢に勝ち越しを許したが、70分には右サイド深くまで切れ込んだ齊藤のクロスを伊藤 大介がヘディングで決めて再び同点に追いついた。

 20分の間に4得点が生まれた試合はその後、両チームともフレッシュなアタッカーを投入して勝ち越し点を最後まで狙い続ける大熱戦が繰り広げられたが、決着はつかずタイムアップの笛が鳴り響いた。

スタジアムシティライトスタジアム
入場者数7,070 人
天候/気温/湿度晴/27.8℃/64%

順位勝点得失点得点失点
1724668-22426

関連
【ツエーゲン金沢】vs ファジアーノ岡山【連戦の疲れ取れず、連勝は4でストップ】
【ツエーゲン金沢】vs ファジアーノ岡山【金沢に吹くは春の風。9か月ぶり連勝!】


関連記事
【ツエーゲン金沢】2018シーズン日程&結果【SHINKA】
【ツエーゲン金沢】2018シーズンメンバー【ヤンツー2年目】

合スタッツ

ファジアーノ岡山vsツエーゲン金沢
3得点3
1前半1
2後半2
10' 仲間
59' 塚川
70' 伊藤
得点者44' マラニョン
51' 加藤
60' 大橋
10SH6
17FK16
6CK3
1警告0
42' 仲間警告者
0退場0
退場者


20180709204634ee3.png

minInOUT
59'佐藤 洸一マラニョン
72'宮崎 幾笑杉浦 恭平
84'金子 昌広清原 翔平


部メディア

■プレス
サッカー 金沢と引き分け 暫定10位 /岡山





20180702081938fdb.jpg

FORZA ZWEIGEN!
ONE ACTION!


関連記事


0 Comments

Post a comment