【ツエーゲン金沢】vs ファジアーノ岡山【ホームで勝てず、完封負け】

2018082007561019d.jpg


 金沢は出場停止明けの作田 裕次が戦列に復帰。右から石田 崚真、庄司 朋乃也、作田、毛利 駿也の4バックを構成する。このところ先発が続いていた宮崎 幾笑が控えに回り、金子 昌広が右サイドハーフを務める。一方の岡山は主力にケガ人が続出中。苦しい台所事情だが、この日は高橋 壮也が左ウイングバック、前線では齊藤 和樹、仲間 隼斗に出番が巡ってきた。

 試合は金沢がボール保持、岡山が堅い守備でカウンターを狙う展開。金沢は右サイドの金子と石田が好連係でサイドを打開してチャンスメーク。ゴール前に良いボールを供給する場面を作り出すが、ボックス内に入り込む人数が足りずに得点には至らない。19分、石田のマイナス気味の横パスに大橋 尚志がシュートを狙ったものの、枠を捉えなかった。対する岡山は、ボールを奪うと前線の齊藤に当てて起点を作ろうとした。

 試合が動いたのは37分、岡山が先制する。仲間のヒールパスをもらった上田 康太が絶妙な間を取ってタイミングをズラし、ラストパス。ゴール前中央でパスを受けた関戸 健二のシュートがネットを揺らした。

 ビハインドの金沢はゴールを目指して攻めていくが、岡山のGK金山 隼樹の好守、DF陣の粘り強い守備を前に1点が遠い。79分には、高卒ルーキーの島津 頼盛を投入。島津はボランチとしてシンプルな捌きと前線への配球を見せる。

 岡山は右ウイングバック・椋原 健太が縦への推進力を発揮。何度もゴール前へクロスを上げた。

 終了間際、島津のパスを垣田 裕暉がスルー、後方から上がってきた毛利が狙ったものの、左ポストにはじかれた。アウェイの岡山が1-0の勝利。勝点3を獲得した。

スタジアム西部緑地公園
入場者数3,573 人
天候/気温/湿度晴/26.5℃/50%

順位勝点得失点得点失点
15369911-13637

関連
【ツエーゲン金沢】vs ファジアーノ岡山【打ち合いは痛み分けドローに】


関連記事
【ツエーゲン金沢】2018シーズン日程&結果【SHINKA】
【ツエーゲン金沢】2018シーズンメンバー【ヤンツー2年目】

合スタッツ

ツエーゲン金沢vsファジアーノ岡山
0得点1
0前半0
0後半0
得点者37' 関戸
16SH8
17FK8
5CK6
2警告0
35' 大橋
51' 垣田
警告者
0退場0
退場者

20180820075622475.png

minInOUT
60'宮崎 幾笑金子 昌広
79'杉浦 恭平加藤 大樹
79'島津 頼盛大橋 尚志


部メディア

■プレス
【金沢】猛攻実らず4度目連敗…サポーター悲痛「ホームで勝ってくれよ!」




201808200756150c9.jpg

FORZA ZWEIGEN!
ONE ACTION!


関連記事


0 Comments

Post a comment