【ツエーゲン金沢】vs 京都サンガFC【PK失敗...また無得点も勝点1を獲得】

201809100715587b0.jpg


 ともにクロスを攻撃の軸にしたいチーム同士の対戦は、まず金沢がサイドの攻防で先手をとる。サイドで起点を作って押し込むと、開始8分に京都のクリアボールを清原 翔平がつなぎ、フリーになった垣田 裕暉が狙ったが、シュートはGKの正面を突いてしまう。しかし、その後はクロスの精度を欠き、ゴール前のチャンスを作れない時間が続く。

 一方の京都も、長身2トップにシンプルに当てるロングボールが金沢のディフェンス陣に対応され、なかなか狙いとする攻撃を描けない。前半途中から強い雨が降り出した影響で両チームにイージーなミスも生まれ、こう着した展開のまま試合を折り返す。

 後半に入ると、立ち上がりに金沢の加藤 大樹、京都のレンゾ ロペスが際どいシュートを見せるが、どちらも枠を捉え切れない。すると、その後は金沢が攻勢に出る。59分、左サイドから切れ込んだ毛利 駿也が狙うが、これはGKの清水 圭介が阻止。60分には右からのクロスに垣田が飛び込んだが、ボールはゴールの上へ。金沢が立て続けに決定機を作るも、ゴールを割るには至らず。スコアが動かないまま時計が進んでいく。

 京都はアジア大会帰りの岩崎 悠人を69分に投入。その直後に岩崎が絡んだ攻撃から庄司 悦大がミドルシュートを放つが、惜しくもゴール左へ外れる。

 ともに決め手を欠く展開が続く中、84分に金沢が願ってもないチャンスを得る。ペナルティーエリア内でキープした清原が倒されると判定はPKに。しかし、このPKを自ら蹴った清原の弾道はゴールの上へと外れてしまい、この試合最大のチャンスを逃す。

 結局、最後まで両チームがネットを揺らせずタイムアップ。0-0で勝点1を分け合う結果となった。


スタジアム西京極陸上競技場
入場者数4,550 人
天候/気温/湿度曇雨/23.8℃/87%

順位勝点得失点得点失点
154010101238380

関連
【ツエーゲン金沢】vs 京都サンガF.C.【勝ち遠く3失点、攻撃のアイディアは乏しく

関連記事
【ツエーゲン金沢】2018シーズン日程&結果【SHINKA】
【ツエーゲン金沢】2018シーズンメンバー【ヤンツー2年目】

合スタッツ

京都サンガFCvsツエーゲン金沢
0得点0
0前半0
0後半0
得点者
4SH12
20FK7
4CK4
0警告1
警告者78' 垣田
0退場0
退場者

20180910071611419.png

minInOUT
64'杉浦 恭平金子 昌広
79'佐藤 洸一垣田 裕暉
89'マラニョン清原 翔平


部メディア

■プレス
【金沢】敵地で京都とドロー…清原PK失敗反省「プロなので結果を出さないと」




201809100715563ef.jpg

FORZA ZWEIGEN!
ONE ACTION!


関連記事


0 Comments

Post a comment