【ツエーゲン金沢】vs 栃木SC【ホームで掴んだ勝利、前半の2発を守りきる!】


 暫定19位・金沢と同17位・栃木の下位直接対決。両者の顔合わせは2016年のJ2・J3入れ替え戦以来となる。金沢はここまで不動のレギュラーだったマラニョンがベンチスタートとなり、杉浦 恭平が先発。栃木は前節・水戸戦からメンバーを一人変更。西河 翔吾に代わって服部 康平がディフェンスラインに入る。

 栃木はロングボールをネイツ ペチュニクに当てて起点を作ろうと試みる一方、金沢は左右にサイドを変えながら穴を探していく。12分、金沢にチャンス到来。白井 裕人のキックを清原 翔平が落とすと、垣田 裕暉がシュート。しかし、これはジョニー レオーニが阻止。栃木はセットプレーからゴールをうかがうが、シュートに結びつかない。

 0-0で試合が進む中、先制したのは金沢だった。39分、スローインをうまく受けた大橋 尚志が落ち着いて決めた。さらに41分、ライン際で加藤 大樹が粘ってボールキープ。マイナス方向にパスを送り、毛利 駿也がクロスを供給し、垣田がヘディングシュート。金沢は2点を先行して前半を折り返す。

 金沢は後半の立ち上がりから勢いよく攻めていく。53分、カウンターを完結させた加藤のシュートはDFに当たるが、GKが阻止。57分には中央で垣田がフリーで受けると、清原が斜めのランニングでスペースを作る。だが、垣田のパスに反応した大橋のシュートはGKに防がれた。

 栃木は前後半通じてビッグチャンスを作り出せない苦しい展開。早い段階で2トップの運動量が落ちてしまい、反撃の狼煙を上げられない。終盤は立て続けにロングスローをゴール前に入れていくが、得点はならず。ホームの金沢が下位直接対決を制した。

スタジアム西部緑地公園
入場者数5,512 人
天候/気温/湿度曇/21.9℃/50%

順位勝点得失点得点失点
1518648-22123

関連


関連記事
【ツエーゲン金沢】2018シーズン日程&結果【SHINKA】
【ツエーゲン金沢】2018シーズンメンバー【ヤンツー2年目】

合スタッツ

ツエーゲン金沢vs栃木SC
2得点0
2前半0
0後半0
39' 大橋
41' 垣田
得点者
17SH6
12FK13
9CK5
0警告1
警告者67' 服部
0退場0
退場者


minInOUT
68'佐藤 洸一垣田 裕暉
77'宮崎 幾笑加藤 大樹
86'マラニョン杉浦 恭平


部メディア

■プレス








FORZA ZWEIGEN!
ONE ACTION!


関連記事


0 Comments

Post a comment