【ツエーゲン金沢】ホーム開幕戦!0からの脱却【フォーメーション変更?】

いよいよ3月12日はツエーゲン金沢のホーム開幕戦です!
2シーズン連続連敗スタートとなってしまいましたが、ホームでしっかりと勝ち、石川にツエーゲンありと言わしめるサッカーをしてほしいです。

石川は寒いんでしょうか?雪も降っとる?
できればいい天気で開幕戦を迎えたいですね。

201703051159552f7.jpg


関連記事
【ツエーゲン金沢】2017シーズン日程
【ツエーゲン金沢】新体制発表会
☆各ツエーゲン金沢グッズはコチラ(Amazon)☆



勝点 0
得点 0


何とも寂しい数字です。
失点の多さはこれまた問題ですが、無得点というのも切ないものです。
水戸戦においては、内容的に勝っているところが多く、惜しいシーンを何度も作っていました。だからこそ・・・せめて1点と言う気持ちは誰しもが抱いたはずです。
課題は多々あると思いますが、攻撃面でも守備面でもマッチングがうまくいってない印象です。”3-4-2-1”のチームと立て続けに対戦し、1試合目に比べてある程度修正した水戸戦でしたが、廣井選手と石田選手の間のスペースを何度も崩されました。2シャドーや両WBの献身的な動きによって数的不利が作られ、全てが後手に回る結果に。

20170311135920100.jpg

また、開幕2試合は小柳選手が2バックに吸収される形で3バックとなることで中央を固めていましたが、マークの受け渡しがスムーズではなく、選手同士がかぶるシーンが多く見られました。その結果、CB-SB間が突破されピンチを多く作られてしまいました。

20170311135918055.jpg

さて、次節対戦する湘南も、またまた"3-4-2-1"です。
このまま無策でずるずるいくことは避けなければなりません。
そんな中こんな記事が、




4-4-2から"3-4-2-1"へのシステム変更。
ミラーゲームへ持ち込み数的不利を無くす算段ですが、逆に言えば1対1、個の勝負が大変重要になってきます。特にWBの2人が鍵を握ることになるでしょう。1試合を通じて対峙するWBと質、運動量共に同等もしくは上回る結果を残さなければなりません。恐らく野田選手と石田選手が起用されると予想されますが、2人の攻撃的な部分が試合で発揮されることを期待したいですね。



DAZNをテレビで見るなら、 fire TV stick

(商品詳細は画像をクリック)




身勝手な予想フォーメーションです。

201703111640273ab.png

願望込み込み。
優平と中美くんの2シャドーはすごくはまりそうでなりません。
何せ先制点。そしてホームの後押しで1勝を掴みとりましょう!

FORZA ZWEIGEN!
ONE ACTION!



スタジアムへの持ち運びに便利なハンディタイプ!



関連記事


0 Comments

Post a comment